弁護士費用について
 佐世保フロンティア法律事務所の弁護士費用についてご説明差し上げます。なお、記載の内容は原則的な金額ですので、事案によっては、増減する場合があります。
 まずは、法律相談に来ていただき、事案を詳しく聞いた上で、当事務所の報酬規程をもとに、ご依頼になる場合の弁護士費用を提案させていただきます。ご依頼をいただく場合には、原則として委任契約書を作成し、その中に弁護士費用を記載させていただいておりますので、どうぞご安心ください。

法律相談
 30分ごとに5400円(税込)の相談料となっております。
 法律相談に来ていただいた結果、相談だけで事案の解決になる場合もございます。お気軽にご来所ください。

弁護士保険の利用
 自動車保険や火災保険などの特約で、保険契約者ご本人やご家族の方の事件(たとえば、交通事故)に関して、法律相談料や依頼費用を当該保険会社に負担してもらえる場合があります。交通事故等に遭われて相談を希望される方は、事前に加入されている保険会社にお問合せされることをお勧めします。(保険会社の負担額は上限が設定されていることが通常です。あわせて保険会社にご確認ください。)

法テラス
 当事務所では,法テラスの利用も可能です。
 法テラスの資力要件等の基準を充たす場合には、無料で相談をお聞きできる場合や、弁護士費用を立替えてもらうことが出来る場合があります。

ご依頼の場合
1 着手金・報酬金型
 ご契約時に着手金、事件終了時に報酬金をお支払いただくもので、通常のご契約では、この方法で弁護士費用をいただいております。
 着手金や報酬金は、事件の類型ごとに規程を定めておりますが、例えば金銭を請求する事案の場合には、原則として下表に基づいて算定されます。
 なお、ご契約後の打合せや面談、弁護士の裁判所出廷等には、基本的に別途の費用はいただいておりません。(ただし、遠方の裁判所に弁護士が出向く場合や、弁護士の拘束時間が長時間になる場合などには、別途、日当・交通費が発生します。)

(金銭を請求する場合の報酬規程例)

経済的利益の額 着手金 報酬金
300万円以下の部分 8% 16%
300万円を超え3,000万円以下の部分 5% 10%
3,000万円を超え3億円以下の部分 3% 6%
3億円を超える部分 2% 4%
 ※ただし,着手金の最低金額は10万円(税別)です。

2 時間報酬制(タイムチャージ制)
 弁護士の作業時間ごとに弁護士費用が発生する契約です。
 契約時に1時間あたりの弁護士費用を設定し、弁護士が作業した時間数に応じて、お支払金額が定まります。

3 そのほか
 ご依頼時に一定の手数料をいただく契約もあります。
 たとえば、弁護士が内容証明郵便などの書面を作成するにあたって、その手数料をいただく場合です。
 また、事務処理に係る実費(切手代、交通費、裁判所への申立にかかる印紙代等)は、ご依頼者様の負担となります。

4 お支払方法について
 以上は、原則的な報酬の考え方をご説明差し上げたものです。
 当事務所としても、お困りの皆様ためにも、できる限り柔軟に対応させていただきますので、弁護士費用の分割払いや後払いのご希望の方は、遠慮なくご相談ください。




トップへ戻る