佐世保フロンティア法律事務所
 人生に一度あるかないかの法律相談。困りごとを解決すべくご来所されますが、緊張して上手く話せない方や、問題を抱えた精神状態のため上手に相談できない方もいます。  そこで、上手に法律相談を受けるコツをこのページにまとめました。よかったらご参考にして下さい。

1.相談内容の資料をお持ち下さい
 相談時間は30分単位で区切られており、時間内にご相談内容をお聞きする必要があります。しかし、物事が複雑に絡んでいるためトラブルが生じたのであり、限られた時間の中で全ての内容をお聞きすることは容易ではありません。
 そこで、相談内容に関する資料をお持ちいただくとスムースにお聞きすることができます。また、資料の内容についてもより客観的であれば事案の内容がより把握しやすくなり、的確なアドバイスができます。
 では、客観的な資料とはどういったものかを一部ご紹介します。例えば、不動産の権利問題や担保に関する問題であれば該当不動産の登記簿謄本。これは最寄りの法務局やインターネットで誰でも交付申請することが出来ます。この他、交通事故にあわれた場合は事故証明書や医療費に要した領収書等、金銭問題であれば借用書や過去の取引がわかるもの(個人間であればお金の流れが記録されている通帳や振込明細書等)、相手方から請求を受けている場合はその書面や請求を受ける原因となった資料、相続問題であれば戸籍謄本等(これは交付申請できる範囲が限られますので取れる範囲内で)・・・これらの他、事案により必要な資料は異なってきますので、ご不明な際は事前にご予約を頂く際のお電話でお問い合わせください。
 なお、全ての事案で資料が存在するとは限りません。この場合、ある程度の内容を表や文章にまとめたものをお持ちいただくと助かります。この場合、事案の内容を時系列にまとめて頂くとより理解しやすくなります。

2.早めのご相談を
 誰しもが不安なことや困りごとについては気が重くなり考えることを後回しにしがちです。しかし、トラブルを放置しておいても自然に消滅することはありません。また、事案によっては時間の経過によって問題が大きくなることや、早期に取り掛かることで未然に防げることもあります。
 そこで、悩みを抱えている方は先ずお電話ください。私たちがより良い解決に向けてアドバイスさせて頂きます。

3.ありのまま正直に
 ご相談を頂く際に事案の内容に沿ってアドバイスを差し上げますが、ご自身に非があることや、不利な事情については伏せられることや、事実とは異なる申告を受ける場合があります。自分に弱いところを隠したくなる気持ちは十分に理解できますが、事実と異なる申告を受けますと事案を検討するにあたり整合性に欠けていき、正しい判断が出来なくなってしまいます。
 そこで、ありのままの事実を正直にお話いただくようお願いします。

4.最後に
 これまでお話してきたことを全て満たしていなければ相談をお受けできない訳ではありません。あくまでもスムースに相談を進めるためのコツであり、とりあえず相談のお電話をされても構いません。
 より良い解決を目指すべく全力でバックアップ致しますので、一人で悩まずにまずはお電話下さい。


ホームへ戻る